フォントサイズ:

チェコに協力センター設立へ 米政府

2013年6月19日

米エネルギー省(DOE)は12日、チェコのプラハに共同民生用原子力協力センターをチェコ政府と設立することになったと発表した。


2011年10月にオバマ大統領がチェコのネチャス首相と交わした誓約に基づくもので、原子力エネルギーや核セキュリティ、核不拡散などの分野でチェコのプログラムを支援するとともに共同活動を実施するのが主な目的。また、09年にオバマ大統領がプラハ演説の中で示した、核拡散リスクを高めずに低炭素な原子力を活用できる新たな枠組作り等の具体策を進める活動の一環でもある。


<後略>


合意書に調印したDOEのポネマン副長官(=中央)

チェコに協力センター設立へ 米政府