フォントサイズ:

SBO規則改正作業を加速 米規制委

2013年8月1日

米原子力規制委員会(NRC)は7月23日、原発事業者の全交流電源喪失(SBO)影響緩和戦略に対する規則改正作業を促進するため、規制基盤文書を発行した。福島事故による教訓反映を目的とした「短期タスクフォース(NTTF)」の一環という位置付けで、同日付の連邦官報で明らかにされた。


NRCは現在、「連邦規則10パート50と52」にSBO影響緩和戦略の関連要件を適切に盛り込む改正のための規則を制定中。基盤文書の発行は関係者に同作業の進捗状況を伝えるのが目的であり、最終的な要件やガイダンスになり得る規則概念案等が含まれている。


<後略>