フォントサイズ:

規制委が建設許可発給 韓国受注のヨルダン研究炉計画

2013年8月29日

韓国原子力研究所(KAERI)は19日、ヨルダンで受注していた研究訓練用原子炉(JRTR)(熱出力0.5万kW)計画の建設許可がヨルダン原子力規制委員会(JNRC)から発給されたと発表した。これにより、2016年前半の運転開始を目指して建設作業が本格化することになる。

JRTRは首都アンマンの北70kmに位置するヨルダン科学技術大学(JUST)の敷地内に建設予定で、ロシアや中国、アルゼンチンを交えた競争入札の結果、新型高中性子束応用炉(HANARO)を提案するKAERIと大宇建設の企業連合が09年12月に約1億3000万ドルで契約を獲得。このうち7000万ドルは韓国が低金利融資をヨルダンに提供することで両国は10年7月に合意に達している。

<後略>

完成済みの教育訓練棟

規制委が建設許可発給 韓国受注のヨルダン研究炉計画