フォントサイズ:

欧州の規制者団体が域内原発に勧告 圧力容器に欧州標準の審査

2013年9月4日

欧州の原子力規制者ネットワークである西欧原子力規制者協会(WENRA)は8月29日、圧力容器鍛造時に生じる欠陥の点検に当たり、欧州標準の安全審査を欧州のすべての原子炉に適用すべきだと勧告した。ベルギーの原子炉2基で圧力容器材料中の元素組成の偏りが毛状ヒビ発生の原因となったことから、圧力容器の製造会社に関係なく統一の取れた手法で審査することで、欧州域内の原発における材料物質の品質と構造上の健全性を確実に検証していく重要性を指摘している。

<後略>

勧告について説明するWENRAのH.ワーナー会長

欧州の規制者団体が域内原発に勧告 圧力容器に欧州標準の審査