フォントサイズ:

バックエンド分野で国際会議開催 ロシア

2013年9月19日

ロシアの原子力総合企業ロスアトム社は10月30、31日の両日、放射性廃棄物や使用済み燃料の管理に関する国際会議「アトム・エコ2013」をモスクワで開催する。

廃棄物管理に加えて関連技術の移転や国際協力の可能性についても議論する同会議では、ロシアを含めた世界各国の関連企業の幹部のほかに、政府の管理機関や規制当局、監督機関、研究機関などの代表が参加予定。

7回目となる今回は全体会議のテーマを「原子力――損害ゼロの戦略」としたほか、パネル討論や円卓会議の議題として、放射性廃棄物管理システムの開発、廃棄物最終隔離基地を創出するための国際的経験、使用済み燃料の安全管理戦略の一選択肢としてのリサイクリング、原子力関連施設の廃止措置技術などを取り上げる。

<後略>