フォントサイズ:

シガーレイクの生産開始に遅れ 加カメコ社

2013年9月19日

日本の出光興産と東京電力が一部出資するカナダのシガーレイク・ウラン鉱山の生産開始時期が当初予定から6か月遅延し、2014年第1四半期となることが明らかになった。同プロジェクトを所有するカナダの大手ウラン生産業者カメコ社が9日に発表したもので、これに伴い、Uの最初のパッケージ封入も同年第2四半期にずれ込むとしている。

シガーレイク鉱山は世界でも有数のウラン鉱開発地域であるカナダ・サスカチュワン州の北部・アサバスカ地方に位置し、生産したウラン鉱は近隣で仏アレバ社が保有するマックリーンレイク精錬所で処理する計画。開発プロジェクトにおける権益比率はオペレーターであるカメコ社の50.025%のほかに、アレバ社の37.1%、出光興産のカナダ法人が7.875%、東電の資源関係子会社が5.0%である。

<後略>

シガーレイク鉱山での採掘(© カメコ社)

シガーレイクの生産開始に遅れ 加カメコ社