フォントサイズ:

米越が原子力協定調印 ベトナム市場は500億ドル規模に

2013年10月16日

米国務省(DOS)は10日、ベトナムと二国間の原子力平和利用協力協定(123協定)に調印したと発表した。両国間で原子力技術や核物質および関連機器の移転を可能とする法的枠組となるもの。米大統領と議会の承認をもって、ベトナムが2030年までに計画する1000万kWの原子力発電設備建設に米国企業が参加していく機会が開かれる。

同協定への調印は、オバマ大統領に代わって東アジアサミットに参加するためブルネイを訪れていたDOSのJ.ケリー長官とベトナムのミン外相が同国の首都バンダルスリブガワンで行った。ケリー国務長官は調印直後の会見で「東アジアにおける原子力市場としてベトナムは中国に次いで大きい」と強調。現在100億ドル規模のベトナム原子力市場が、2030年には500億ドルまで拡大する可能性があると指摘した。

<後略>

米国のケリー国務長官(=右)とベトナムのズン首相

米越が原子力協定調印 ベトナム市場は500億ドル規模に