フォントサイズ:

包括的経済貿易協定で原則合意 カナダとEU

2013年10月30日

欧州連合(EU)とカナダは18日、双方の経済成長と雇用創出の促進に役立つ「包括的経済貿易協定(CETA)」の主要項目で原則合意に達した。EUにとって主要8か国(G8)参加国との自由貿易協定締結は初めてであり、北米市場への進出基盤が得られるとする一方、カナダ連邦政府のS.ハーパー首相も「かつて無い大規模な協定であり、カナダにとっては歴史的勝利」と形容。特に、世界でも有数のウラン鉱開発地域であるカナダ中西部のサスカチュワン州政府は、ウラン採掘事業に対するEUからの投資に道が拓かれるとして歓迎している。

サスカチュワン州のB.ウォール首相は同日、声明文を発表した。連邦政府がとり決めたCETAにより同州からEU市場への農産品輸出が可能になるとしたほか、ウラン採掘部門を含めてEUの投資に対するカナダ側の規制が緩和されることになると指摘。こうした変化はウラン採掘プロジェクトへの投資を一層魅力的なものとし、ウラン鉱山が集中する同州北部地域の自治体や住民に一層の経済的機会と恩恵をもたらすと強調している。

<後略>

ハーバー首相(左)とECのバローゾ委員長

包括的経済貿易協定で原則合意 カナダとEU