フォントサイズ:

仏独企業に建屋設備発注 ITER計画で大規模契約

2013年11月6日

国際熱核融合実験炉(ITER)計画を推進する欧州連合(EU)の担当組織「フュージョン・フォー・エナジー(F4E)」は10月29日、トカマク複合施設の建屋設備について仏独の企業連合と総額5億3000万ユーロ(約700億円)の契約を締結したと発表した。仏国・南部カダラッシュのITER建設サイトでは現在、免震ピットの補強作業中。2020年の運転開始を目指して、年内にもトカマク複合施設の土台となる同ピットでコンクリート打設が行われる見通しだ。

ITER計画には日本とEU、ロシア、米、韓、中、印の七極が参加しており、2005年に建設サイトをカダラッシュに決定。42ヘクタールの敷地内に39の関連建屋を建設予定で、トカマク型実験炉の格納建屋と診断棟、およびトリチウム棟の3建屋等で構成されるトカマク複合施設の総容積は9万7200立方メートルに達する。

<後略>

免震ピットの補強作業(© ITER)

仏独企業に建屋設備発注 ITER計画で大規模契約