フォントサイズ:

チェルノブイリで排気筒撤去 ウクライナ

2013年11月21日

ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所で1986年に事故を起こした4号機、および3号機が共有していた第2ステージ排気筒(VS2)の撤去作業が進んでいる。

この作業は4号機の石棺修復で新しくアーチ型の閉じ込め覆いをかぶせるために必要で、国内のUkrtransbud社が昨年4月に欧州復興開発銀行(EBRD)と結んだ作業契約の一部として実施中。VS2は直径9mの円筒形ブロックを縦に7つ積み重ねた構造(=写真)であり、全長75.5m、総重量は330トンに到達する。

地上150mの高さに位置する頭頂部のブロックは、すでに10月31日に負荷容量1600トンのクレーンを使って粉砕用の特別エリアに吊り下ろされた。また、上から2番目のブロックの支持構造体も今月5日にVS2から取り外され、同じエリアに配置。これらは検査後に廃棄するため、3号機のタービンホールに一時的に保管されることになる。

<後略>

チェルノブイリで排気筒撤去 ウクライナ