フォントサイズ:

カラチ2、3号機の着工式 パキスタンが中国の協力で建設

2013年12月4日

パキスタンのN.シャリーフ首相は11月26日、合計出力220万kWという同国最大の民生用原子力発電所建設計画の着工式を、同国最大の商業都市カラチで開催した(=写真)。中国の支援により、既存のカラチ原子力発電所の?期工事として100万kW級の2、3号機(K―2およびK―3)を6年計画で建設するというもの。これにより同国で慢性的な電力不足を根本的に解消したい考えだ。

これは同国政府による一連の電源開発プロジェクトの一部であり、風力や火力、石炭火力でも同様に大規模な設備の新設を計画。政府は「原子力ビジョン2050」に基づいて、50年までに約4000万kWの原子力設備容量構築を想定しており、シャリーフ首相は「今後数年間に同構想実現のための堅固な基盤が築かれることになる」と明言している。

<後略>

カラチ2、3号機の着工式 パキスタンが中国の協力で建設