フォントサイズ:

東芝が英国の原発事業会社の株購入で合意

2013年12月17日

スペインの大手電力企業であるイベルドローラ社は12月23日、保有していた英国の原子力発電合弁企業・ニュー・ジェネレーション(NuGen)社の株式50%を8500万ポンド(約144億円)で日本の東芝に売却することで21日に合意に達したと発表した。非戦略的資産の処分を進めるイベルドローラ社の意向を受けたもの。福島事故後も原発の新設計画が進展する英国で、ホライズン社を買収した日立製作所に次いで東芝も受注の機会を探っていくことになる。これにより、2023年にセラフィールド近郊で最大360万kWの設備完成を目指すという「ムーアサイド・プロジェクト」に、東芝傘下のウェスチングハウス(WH)社がAP1000を供給する可能性が高まった。

イベルドローラ社と東芝のNuGen社株売買合意の事実は、スペイン国立金融市場委員会(CNMV)に対する連絡書簡の形で明らかにされた。それによると、この取引は関連当局の承認、およびNuGen社による建設用地の購入オプション延長が条件。NuGen社は09年に西カンブリアのセラフィールドで200haの用地購入オプションを7000万ポンドで確保しており、このエリアから原発建設に最も適した100haを選択するとしている。

<後略>