フォントサイズ:

英政府が新設計画の投資額評価 20年までに最大約2兆円

2014年7月25日

英エネルギー気候変動省(DECC)は17日、同国のエネルギー部門の投資について包括的に評価するとともに、今後数年間から数十年間の投資課題を詳細に調査した初の報告書を発表した。原子力発電分野については、現時点で英国の総発電電力量の約20%を賄う既存原子炉が運転寿命を迎えつつあることから、これらをリプレースする新たな一群の原子炉が必要となる点を強調。政府の電力市場改革計画の下で、2014年から20年までにこの分野に投入される資金は100億〜120億ポンド(約1兆7千億〜2兆円)にのぼるとの試算結果を明らかにしている。

<後略>