フォントサイズ:

東芝:英国でAP1000を3基建設 事業者株の6割取得へ

2014年1月16日

東芝は15日、英国西カンブリア地方で原子力発電所の新設を計画するニュージェネレーション(NuGen)社の株式について、スペインのイベルドローラ社と仏GDFスエズ社から合わせて60%を約1億ポンド(約170億円)で取得すると発表した。

採用設計は傘下のウェスチングハウス社製AP1000で、2024年の初号機完成を目指して3基・340万kWをセラフィールド近郊のムーアサイドで建設する。これにより、英国で現在新設計画を具体的に進めている3つの事業者のうち、日立が買収したホライズン社を含めて2社までを日本企業が主導していくことになった。

<後略>