フォントサイズ:

原子炉建て替えで諮問協議開始 バッテンフォール社

2014年1月22日

スウェーデン南西部沿岸でリングハルス原発(80万kW級BWR1基、90〜100万kW級PWR3基)を所有するバッテンフォール社は16日、同原発における高経年炉の建て替えを念頭に置いた長期的分析調査の重要な一部分として、将来的な環境影響評価のための諮問協議を関連の政府機関や地元住民、その他の関係者に対して開始すると発表した。

同国では約30年間にわたった脱原子力政策の後、2011年1月に既存原子炉10基に限って建て替えを許可する法案が発効。その後に発生した福島第一原発事故で新設を巡る状況は微妙になったが、バッテンフォール社は12年7月、代替炉の建設可能性を情報分析する申請書を放射線安全庁に提出した。また、昨年6月には、建て替え用を利用選択肢の1つとする用地購入交渉をリングハルス原発近郊の土地所有者と開始している。

<後略>