フォントサイズ:

実証炉に燃料を初装荷 ロシアの高速炉実用化計画

2014年2月13日

ロシアの原子力総合企業ロスアトム社によると、同国の高速炉実用化基地であるベロヤルスク原子力発電所サイトで、出力80万kWの実証炉「BN―800」となる4号機の燃料装荷作業が2日に開始された(=写真)。同サイトでは出力120万kWの大型商業用高速炉となる「BN―1200」の建設も同5号機として計画されるなど、プルトニウムとMOX燃料の燃焼が可能な高速炉の実用化に向けて、着実に世界の最先端を突き進んでいる。

<後略>

実証炉に燃料を初装荷 ロシアの高速炉実用化計画