フォントサイズ:

過半数が「原子力は必要」と回答 スイスの世論調査

2014年2月13日

スイス政府は福島第一原発事故を契機に、総発電量の約40%を賄う国内原子炉5基を2034年までに段階的に閉鎖する方針を決めた。しかし、回答者の過半数が既存原子炉の必要性を認めるという世論調査結果がこのほど公表されており、国民が手放しで同政策を支持しているわけでは無いことが明らかになった。

<後略>