フォントサイズ:

フェンノボイマ社 出力変更で改定版EIA フィンランドのハンヒキビ計画

2014年2月19日

フィンランドでハンヒキビ原子力発電所1号機の建設を計画しているフェンノボイマ社は13日、120万kW級原子炉をピュハヨキに建設することを想定した改定版の環境影響評価(EIA)報告書を雇用経済省(MEE)に提出した。

議会が建設計画を承認した後に原子炉出力を変更したことに伴う措置で、MEEは今後、関連する他の省庁や機関からEIAに対する見解を募るとともに、国民が自由に意見を述べる場となる公聴会の開催に向けて、メディアや地元の公式掲示板、および近隣自治体に開催の詳細を通知する方針。聴取した見解とEIAに基づき、MEEとしての最終声明を6月頃に取りまとめる計画だ。

<後略>

フェンノボイマ社 出力変更で改定版EIA フィンランドのハンヒキビ計画