フォントサイズ:

来年に1基を前倒し閉鎖へ 独E・ON社

2014年4月3日

ドイツのE・ON社は3月28日、南部バイエルン地方で操業しているグラーフェンラインフェルト原発(=写真)(PWR、134.5万kW)の閉鎖予定日を7か月前倒しし、2015年5月下旬とする方針を発表した。

福島第一原発事故後、ドイツ政府は2022年までに既存炉17基すべてを閉鎖する方針を決定。1982年に運開したグラーフェンラインフェルト原発は15年末までの運転が可能だが、同年5月はちょうど燃料交換の時期に当たり、年末まで運転する場合は新たに装荷する新燃料1グラムに付き145ユーロの核燃料税を支払わねばならない。

<後略>

来年に1基を前倒し閉鎖へ 独E・ON社