フォントサイズ:

カリーニン1の運転期間を延長 ロシア

2014年7月9日

ロシアの原子力総合企業ロスアトム社は1日、モスクワの北西約280kmの地点で稼働中のカリーニン原子力発電所(=写真)1号機(100万kW)の運転期間が2025年まで10年間延長されたと発表した。

ロシアでは原子力発電所の設計上の耐用年数は30年間が標準とされており、1984年に運開したロシア型PWR(VVER)であるカリーニン1号機は6月27日に連邦環境・技術・原子力監督庁(ROSTECHNADZOR)の許可を得て、合計40年の稼働が可能になった。ロシアで民生用原子力発電所の操業を担当するエネルゴアトム社によると、同炉の運転期間延長計画は2009年末にロスアトム社から承認され、それ以降、定検時を利用して5年計画で同炉の設備を近代化する作業を実施してきた。

<後略>

カリーニン1の運転期間を延長 ロシア