フォントサイズ:

リトアニアと日立がビサギナス原発プロジェクトの事業会社設立協議開始へ

2014年7月31日

日立製作所は7月30日、リトアニア内に建設が計画されているビサギナス原子力発電所建設プロジェクトの推進に向け、事業会社(PCO)の設立に関する協議を開始することで同国エネルギー省と合意したと発表した。両者は9月末までにPCOの機能や組織等の詳細含めた設立計画を立案し、プロジェクト参加国であるバルト三国のエネルギー公社に提示。PCO設立準備委員会を設置する段取りだ。日立が出力135万kWのABWR輸出を目指す大型プロジェクトもようやく動き出した。

同プロジェクトは2012年の国民投票結果を受けて凍結されていたが、今年2月以降、ウクライナでロシアからの天然ガス輸入を巡る紛争が再燃したことを背景に、エネルギー供給保障の観点から3月にリトアニアの全政党は挙国一致で同プロジェクトの推進に合意。リトアニア政府は、戦略的投資家である日立から日本の輸出信用機関による支援を含めて資金調達条件の改善提案があったことなど、プロジェクトの競争力を高める諸状況の改善が再開につながったと説明している。