フォントサイズ:

国際情勢背景に高支持率 ポーランドの原子力意識調査

2014年9月4日

ポーランド国際問題研究所(PISM)は8月25日、ポーランド国民のエネルギー・セキュリティと原子力に対する意識調査結果を公表した。

福島第一原発事故後に低下した原発導入計画に対する支持者の割合が最近のウクライナ危機を背景に64%まで改善されたとする一方、こうした状況が沈静化した後の高支持率は保証できないと指摘。経済面での効果など原子力発電に関する一層広範な問題について国民の間で議論を尽くす必要があると警告している。

<後略>