フォントサイズ:

ESBWRに設計認証 発給 米規制委が最終規則承認、2件の計画に弾み

2014年9月19日

米原子力規制委員会(NRC)は16日、GE日立ニュークリア・エナジー社製ESBWR(高経済性・単純化BWR)の設計認証(DC)審査で最終規則を承認した。これにより、同設計はNRCの安全・規制要件をすべて満たした標準設計の1つとして、米国での建設が許されることになる。現在、建設・運転一括認可(COL)審査中の新設計画の中では、DTEエナジー社のフェルミ3号機計画とドミニオン社のノースアナ3号機計画で採用が想定されており、これらにCOLが発給される条件の1つが整った。同最終規則は今月末までに連邦官報に掲載された後、30日で発効する。

<後略>