フォントサイズ:

原賠法改正案が満場一致で成立、来年1月施行(4/16号)

2009年4月17日

 2月3日に国会に提出された「原子力損害の賠償に関する法律及び原子力損害賠償補償契約に関する法律の一部を改正する案」は10日、参議院本会議で、日本共産党、社会民主党を含め、満場一致で可決・成立した。施行期日は2010年1月1日となる。衆議院本会議は4月3日に通過していた。
 主な改正点としては、(1)賠償措置額を現行の一サイトにつき600億円から1200億円に引上げ(2)賠償に関する紛争の当事者による自主的な解決を促進するための一般的な指針の追加(3)損害賠償措置なく原子炉の運転等を行った原子力事業者に対する罰金額を現行の50万円以下から100万円以下に引き上げる等罰則の引上げ――などがある。