フォントサイズ:

経産省本館に原発廃材を利用したベンチを展示

2009年5月22日

 運転を終了した日本原子力発電東海発電所の廃材を再利用したベンチ・テーブルの展示が東京・霞ヶ関の経済産業省本館ロビーで行われている(=写真)。クリアランス制度による確認がなされた金属を用いたもので、来庁者が休憩・打ち合わせにも利用できる。


 今回、経産省内に展示されているのは、背なしタイプのベンチと応接テーブルで、脚の金属部分に廃材が利用されており、クリアランス制度の適用による地球環境負荷の低減と資源の有効利用を来庁者らに啓発することをねらう。庁舎内の展示は5月29日まで。以降は原電本店内に設置・利用される。

経産省本館に原発廃材を利用したベンチを展示