フォントサイズ:

安全委 「もんじゅ」耐震評価「適切」

2010年3月29日

 原子力安全委員会は3月18日の臨時会議で、原子力安全・保安院から報告を受けた「もんじゅ」の耐震安全性について、「適切に評価している」との見解を示した。「もんじゅ」運転再開に際しての国による安全確認は、これですべて終了となり、今後の動きは、地元の判断へと焦点が移ることとなる。


保安院は15日に、日本原子力研究開発機構が行った「もんじゅ」の耐震安全性評価に対する確認を安全委に報告、既に同委では予備的調査審議を進めてきたことから、程なく今回の判断に至ることとなった。「もんじゅ」の耐震安全性評価に関する同委での専門的調査審議は、特別委員会他、ワーキンググループ、作業会合など、計50回以上に上った。