フォントサイズ:

広く関係者と意見交換へ 保安部会・小委 課題解決めざす

2010年6月29日

経済産業省の原子力安全・保安部会基本政策小委員会(委員長=北村正晴・東北大学名誉教授)は21日、今年2月に取りまとめた「原子力安全規制に関する課題の整理」への取組状況について、原子力安全・保安院より報告を受けた。その中で、保安院は今後、産業界とも積極的に議論を展開していく方向を示した。


同小委員会は、「課題の整理」で、安全規制を取り巻く環境変化等をとらえ、「安全規制における経験と知見の活用」、「規制対象の変化を見越した取組」、「経済的・国際的な状況変化への対応」、「ステークホルダー・コミュニケーションに関する取組」、「機能的な規制機関への取組」の観点から、計42細目の課題を抽出した。これら規制課題に対する取組状況を保安院が整理、報告した。