フォントサイズ:

経産相が再起動要請 運転、安全上支障ない 直接、首長に会い説明意向も

2011年6月23日

海江田万里・経産相は18日、原子力発電所の再起動を要請する談話を発表した。


海江田大臣は、原子力は未来のエネルギーを担う重要な4本柱の1つであり、国が安全性も含め責任を持って取り組んでいくと明言。福島第一原子力発電所の事故以来、各電気事業者に対して津波による全交流電源等喪失を想定した緊急安全対策を着実に実施したことや、シビアアクシデントへの対応に関する措置報告を現地立入検査等により厳格に評価したことに触れ、想定東海地震などの特別な条件から停止している浜岡原子力発電所という例外を除いては、原子力発電所の運転継続及び再起動は安全上支障がないとの考えを強調した。