フォントサイズ:

文科省 次期科技計画への施策検討 原子力の戦略重点化を

2009年9月17日

 文部科学省では、2011年度から5か年にわたる次期科学技術基本計画に盛り込むべき重要政策について、検討を進めている。具体的には、同省諮問機関の科学技術・学術審議会下に基本計画特別委員会をこの4月に立ち上げ、同委を中核として、研究開発の各分野における戦略的重点化の考え方について、年内を目途にとりまとめ、総合科学技術会議での基本計画改定審議に資するという流れだ。
 原子力分野の戦略的重点化に関しては、同審議会の「原子力分野の研究開発に関する委員会」で検討を行っているが、先月末に示された論点整理によるとまず、低炭素社会に向けた国内外の要請の高まり、世界的な原子力回帰の動きなど、昨今の情勢に伴い、原子力エネルギーの長期的重要性は、次期基本計画においても何ら変わるものではないとの認識を明示している。