フォントサイズ:

東電・柏崎刈羽 6号機最終評価まとまる 保安院「継続運転問題なし」

2009年10月15日

 経済産業省の原子力施設の震災影響に関する検討を行う「設備健全性評価サブワーキンググループ」(主査=関村直人・東京大学工学系研究科教授)は6日、東京電力より提出された柏崎刈羽6号機のプラント全体の機能試験評価報告に対し、「継続的かつ安定的に運転する上で問題ない」とする最終評価報告をとりまとめた。