フォントサイズ:

NUMO 司会者みのもんた氏招きシンポ

2009年11月5日

 原子力発電環境整備機構(NUMO)は10月24日、都内でシンポジウムを開催。タレントのみのもんた氏と山名元・京都大学原子炉実験所教授によるスペシャルトークショー(=写真)も行われ、会場210名が「電気の廃棄物」問題について考えた。
 パネル討論では、鳥井 弘之・元東京工業大学教授を進行役に、河田東海夫NUMO理事、浅田浄江・ウイメンズ・エナジー・ネットワーク代表、井川陽次郎氏、長?晋也・東京大学教授、ピエール・イヴ・コルディエ仏大使館原子力参事官が意見を述べた。最後に、来場者に押しボタン・アンケートを実施し、「地層処分が必要」と回答したのは100人中86人だった。

NUMO 司会者みのもんた氏招きシンポ