フォントサイズ:

福井県若狭地域 第1回つーるdeアトム 立地住民との絆深まる

2009年11月25日

 立地地域や原子力施設で働く人々のネットワークづくりを目指し、14日と15日の2日間にわたり、「第一回つーるdeアトム」が福井県若狭地域で開催された。同イベントは原子力の平和利用を願うメッセージとビデオレターをランニングと自転車で届けるもの。
 当日は野瀬豊・高浜町長による号砲で参加者が一斉にスタートをきり、若狭富士を望む青戸の大橋や八百姫伝説のある人魚の浜(=写真)などの景勝地や、地元の名産が味わえる産業祭などを楽しみながらゴールまでの10区間をそれぞれ走った。

福井県若狭地域 第1回つーるdeアトム 立地住民との絆深まる