フォントサイズ:

原産協会主催 高レベル廃棄物シンポ 理解得る難しさ語る

2009年12月10日

 高レベル放射性廃棄物処分の実現を目指して原産協会は11月20日、東京・築地の国立がんセンターで、高知県東洋町が日本で最初に文献調査に応募した事例を参考に、「いかにすれば、地域で冷静な議論ができるか」をテーマとするシンポジウムを開いた(=写真)。招待者や記者を含め約200名が参加した。
 開会挨拶した八束浩・同協会常務理事は、「いかに広く社会の理解を得て、この事業を確立させていくのか」という議論と、「いかに地域の理解を得て立地地点を確保するか」という二つの議論が必要だとし、今回の同シンポジウムは、昨年に続き後者の議論を発展させることを目指しているもの、と説明した。
 シンポではまず、新潟県柏崎市で議員三期、市長三期を務めた西川正純氏が「私見?原子力発電をめぐっての冷静な議論は可能か」と題して基調講演を行った。同氏は世界最大規模の原子力発電所と向き合ってきた経験から、反対派との距離感の取り方などを披瀝。高レベル廃棄物の処分場問題については、まず事業当事者の「覚悟」と「使命感」を求めた。また、立地選定プロセスの中で、「当事者のNUMOが先乗りして出て行くのがいいかどうか」と疑問視し、国の役割に期待を示した。

原産協会主催 高レベル廃棄物シンポ 理解得る難しさ語る