フォントサイズ:

北海道電力 泊3号機、営業運転入り

2010年1月7日

 北海道電力の泊発電所3号機(PWR、91万2000kW)が、12月22日の16時5分、営業運転を開始し、日本の運転中商業炉は全部で54基となった。
 泊発電所は1、2号機(各57万9000kW)と合わせて207万kW、同社総発電設備容量に占める割合は約25%、総発電電力量に占める割合は約40%となる見通し。同社では安全確保に万全を期し、より一層信頼される発電所となるよう全力を尽くすとしている。


 


1月5日号5面に掲載した特集ページのWEB版を設けておりますので こちらからご覧下さい。