フォントサイズ:

放射線審議会・部会中間報告まとめ 「職業被ばく、線量拘束値の設定必要ない」

2010年1月27日

 放射線審議会の基本部会は19日、国際放射線防護委員会(ICRP)2007勧告(パブリケーション103)の国内制度等への取り入れに関する中間報告案をまとめた。07年勧告は、同年3月にICRP主委員会が出したもので、1990年に出した勧告に代わるもの。90年勧告で示された放射線防護の原則(正当化、最適化、線量限度)を維持し各原則の適用を明確にしたほか、生物学や物理学の最新知見を入れて放射線に関する係数(放射線荷重係数と組織荷重係数など)等を見直している。
 基本部会では、勧告の内容を把握し、90年勧告との比較を行いながら国内制度等への取り入れに関する検討すべき事項と問題点を検討してきた。女性の放射線業務従事者に対する線量限度、測定頻度や、健康診断に関する問題等も検討し、中間報告に考え方を盛り込んだ。