フォントサイズ:

故障減少⇒稼働率向上めざす 機械学会  新検査制度の現状で議論

2010年2月9日

 日本機械学会の動力エネルギーシステム部門(部門長=小泉安郎・信州大学繊維学部教授)は1月26日、東京大学・本郷キャンパスで、「原子力の安全規制の最適化に関する研究会」を開催、新検査制度施行から、1年を経過しての定着状況と今後の課題について議論した。