フォントサイズ:

原産協会 海外展開で提言 競争力強化に国も支援を

2010年4月26日

 日本原子力産業協会は、日本の原子力発電技術を国際展開するための意義や必要性を盛り込んだ「我が国の原子力産業の海外展開に向けての提言」を取りまとめ、19日、仙谷由人・国家戦略担当相など、関係府省、原子力委員会などに提出した。


 原産協会では、昨年10月から「原子力産業海外展開検討会」(委員長=柳井俊二・元駐米大使、原産協会顧問)を設置して検討を重ねてきており、国が策定中の「新成長戦略」に合せて提言を取りまとめたもの。


 


(写真は仙谷国家戦略担当相(=正面)に原産協会の提言書を提出する柳井委員長(=左から2人目))

原産協会 海外展開で提言 競争力強化に国も支援を