フォントサイズ:

原子力総合シンポで 埋設処分地確保めざす 大畠民主党議員が熱弁

2010年6月17日

大畠章宏・衆議院国家基本政策委員長は5月26日、日本学術会議総合工学委員会主催「原子力総合シンポジウム2010」で「国会から見た日本と世界の原子力」と題した基調講演を行った。その中で高レベル放射性廃棄物についても、大畠議員の見解および民主党の考えを述べた。


使用済み燃料の埋設処分については、残りの任期でなんとか処分地を確保するべく、国民の理解を得て、フランスその他の国々の例を参考にしながら法律を整備していきたいとした。また原子力発電環境整備機構(NUMO)と日本原燃が一体化し、国が責任を持って使用済み燃料の処理と管理を行う体制でないと最終的な合意に至らないのではとの考えも示した。


また、資源エネルギー長期政策議員研究会を04年に立ち上げたことに触れ、当初は近い将来に政権交代が起こることは予測していなかったが、エネルギー政策に関しては民主党でも自民党でも貫いた1つのものでなければならないと指摘した。