フォントサイズ:

電力・メーカー6社で 秋に「国際原子力開発」設立 受注推進準備室を設置

2010年7月10日

東京、中部、関西の3電力会社と、東芝、日立製作所、三菱重工業の企業6社は6日、原子力発電の新規導入を目指す国に対して、日本全体として原子力発電プロジェクトに関する提案活動を行う新会社「国際原子力開発」(仮称)の設立に向けた「準備室」を同日付で設置した、と発表した。これを受けて直嶋正行経産相は談話を発表し、「新興国に対する我が国の原子力産業の展開を官民連携して推進していくための大きな第一歩であり、まずは、喫緊のベトナムの原子力プロジェクトの受注に向けて、日本側の提案の取りまとめやミッションの派遣など積極的な活動を期待したい」と述べ、経産省としても支援策を実施していく方針を示した。


新会社設立に向けて、これまで経済産業省をはじめとした関係者と企業6社は6月に「企画委員会」を設置して、ベトナムで計画中の原子力発電プロジェクトの受注に向け、官民一体となった提案の検討を行ってきたが、今後の具体的な活動を速やかに展開することを目的として、今秋設立予定の新会社に先立ち、企業6社による「準備室」を設置したもの。