フォントサイズ:

独ショットAG社 米国機械学会から 電気貫通部の部品に認証

2010年8月17日

ドイツの特殊ガラスメーカーであるショットAG社はこのほど、「ASME(米機械学会)NQA‐1」認証評価を終え、米国内外の原子力発電所に対するガラス金属フィールドスルー機密封止の電気貫通部アセンブリ(EPA)の供給者として認定を受けた。同認証は、原子力施設用途に対する世界レベルの品質基準であり、今回の評価は、AREVA NP社によって行われた。


EPAは電源、制御または計装用ケーブルの原子力発電所格納容器構造内へのフィードスルーとして使用される。同社の圧縮技術によるガラス金属フィールドスルーEPAは、高い機密性と耐圧性を保証する独自の技術を誇る。


PWRおよびBWR用電気貫通アセンブリ(EPA)ソリューション

独ショットAG社 米国機械学会から 電気貫通部の部品に認証