フォントサイズ:

原子力委 高レベル廃棄物対策 学術会議に提言依頼

2010年9月10日

原子力委員会は7日、高レベル廃棄物の処分に関する取組みにおける国民に対する説明や情報提供のあり方について、日本学術会議に提言を求めた。同委員会が第三者的機関に意見を求めるのは初めて。


依頼文書では、原子力発電環境整備機構(NUMO)の文献調査開始に向けての取組みや原子力委員会の見解などに触れ、技術的事項のみならず社会科学的な観点を含む幅広い視点から検討することの重要性を認識し、第三者的で独立性の高い学術的な機関の意見、見解を、これまで以上に積極的に求めていくことにしたとしている。