フォントサイズ:

原発プロジェクト推進協力 カザフに原電、東芝、丸紅が支援 覚書を締結 法制度、事業主体、炉型、資金など検討へ

2010年10月8日

日本原子力発電、東芝、丸紅ユティリティ・サービスはカザフスタン国立原子力センターとの間で、「カザフスタンにおける原子力発電プロジェクト実現のための事前検討に関する覚書」を締結した、と9月29日発表した。


本件は、07年4月のカザフスタンへの官民合同ミッションにおいて、日本原電が同センターをはじめとする関係機関と締結した「原子力発電導入に関する技術協力覚書」に基づく協力の一環として、今回、カザフスタンでの原子力発電導入可能性調査に向けた事前検討への技術協力を行うに当たり、その内容や協力範囲について覚書を締結したもの。


今後、本覚書に基づき、日本原電は本件全体のマネジメントを行うとともに、建設費の試算、法令等の整備、導入行程の立案、実施主体の確立などの提案を通じて、発電事業者の立場からの検討支援を行っていく。


また東芝は、プラント概念の具体化に関する検討支援を、丸紅は財務評価や資金調達など経済的成立性に関する検討支援を行う。


これらの協力は、経済産業省の公募事業「平成21年度低炭素型・環境対応インフラ/システム型ビジネスにおけるコンソーシアム形成等支援事業」として実施するものだ。