フォントサイズ:

【わが国の原子力発電所運転速報】 9月の設備利用率66.7%に 10年度上期利用率は67%

2010年10月8日

原産協会の調べによると、9月の国内原子力発電所の稼働状況は、総発電電力量234億5873万kWh(対前年同期比6.6%増)、設備利用率66.7%だった。


今期は、東京電力福島第一3号機で23日、プルサーマル発電が開始された。1999年に国の設置許可を受けて以来、11年ぶりで、調整運転を続けた後、10月下旬にも経済産業省の最終検査を経て、営業運転入りする予定だ。国内のプルサーマル発電は、九州電力玄海3号機、四国電力伊方3号機に続いて3基目、BWRでは初めてとなる。


北陸電力志賀2号機は現在、低圧タービンの羽根損傷の短期的対策として、当該翼部に整流板を設置し運転しているが、恒久的対策として、振動の減衰効果の大きい翼を採用した低圧タービン新ロータを製作、30日に所内への搬入が行われた。