フォントサイズ:

国際展開での協調確認 原産協会 日仏専門家会合開催

2010年10月14日

原産協会は、9月28日、29日の両日、フランスのヴェルサイユで「第17回日仏原子力専門家会合(N─20)」を開催した(=写真)。

同会合は、日仏両国の原子力関係者が、原子力開発計画や当面する諸問題について最新の情報や率直な意見を交換することを目的として、91年以来、ほぼ年1回のペースで、日仏で交互に開催しているもの。


今回の会合では、フランスからはベルナール・ビゴ原子力・代替エネルギー庁(CEA)長官ら、日本からは服部拓也原産協会理事長をはじめとする合計28名が参加し、両国のエネルギー・原子力政策や、高速炉開発協力、新規導入国支援計画、人材育成、既存炉の活用とリサイクル施設の現状等について情報を交換し、率直な議論を行った。

国際展開での協調確認 原産協会 日仏専門家会合開催