フォントサイズ:

放医研が開発 加速器でMo99製造可能 国産化も視野に

2010年11月12日

放射線医学総合研究所分子イメージング研究センターは10月29日、加速器を活用した実用的Mo99製造技術の開発に成功したと発表した。この成果は、11日から13日に埼玉県さいたま市で開催される日本核医学会でも紹介される。


加速器を用いた放射性同位元素の製造では、ターゲットとよばれる原料物質に陽子線等の粒子線を照射し、放射能を持つ新しい物質に変換。まず放射性医薬品製薬企業に導入されている中型加速器を用いたMo99の製造と臨床利用されるTc99mを直接製造する手法について検討し、実用量の製造が可能であることを確認した。さらにターゲットであるMoを水溶液化することで流動性を確保し、照射用ターゲット容器の中で直前に乾燥・固体化させる手法を考案。これらの技術の組み合わせにより、加速器でのMo99製造が可能となる。


Mo99/Tc99m分離精製装置外観

放医研が開発 加速器でMo99製造可能 国産化も視野に