フォントサイズ:

東芝 エネルギー効率化で協力 ブルガリアBEH社と覚書

2011年1月30日

東芝は24日、電力会社やガス会社等を所有するブルガリアの国営企業ブルガリア・エナジー・ホールディング(BEH)社と、「エネルギーおよびエネルギー効率化に関する協力のための覚書」を東京の同社本社ビルで締結した。東芝が担当したマリッツァ・イースト2火力発電所改修工事が終了したことを受けて同社を訪問中のトライコフ・ブルガリア経済エネルギー観光大臣も立ち会った。今後、東芝グループの最新技術を採用した火力・水力・原子力発電所の導入や、メガソーラープロジェクトの開発、スマートグリッド、二酸化炭素分離回収技術の導入のための検証等、同国の環境に合わせたエネルギー効率化に関する協力を検討していく。