フォントサイズ:

厚労省 輸入照射食品チェック ACB法で肉類など検知開始

2011年2月25日

厚生労働省は07年7月に輸入香辛料が放射線照射されているかどうかを調べる公定検知法(熱ルミネッセンス(TL)法)を初めて指定したのに続き、10年3月には牛肉、豚肉、鶏肉、鮭、カマンベールチーズなど「脂肪を抽出可能な食品」を対象とした「アルキルシクロブタノン(ACB)法」を指定し、各検疫所に運用を通達した。約10か月たったいままでのところ、検疫でのモニタリングに違反は見つかっていない。


また、昨年の3月にはTL法での対象検出品目に、「ケイ酸塩鉱物が分離可能な食品」として従来の香辛料のほかに、野菜類、果実類、茶などの農産物と、アサリ、エビ、シャコの水産物を追加していた。