フォントサイズ:

安全委が基本原則検討開始 共通認識得る過程重視

2011年3月8日

原子力安全委員会の外部有識者との意見交換会が、このほど始動し、新基本方針推進に向け、まず安全確保の基本原則に関する検討に入った。月1回程度開催し、1年位で方向性を示す。


本意見交換会は、昨年12月に改定された「当面の施策の基本方針」にうたう「原子力安全の基本原則の明文化」の他、規制法で要求している安全確保の水準と、安全委がこれまで検討してきた安全目標・性能目標、リスク情報活用、アクシデント・マネジメントとの関係も議論し、「最高レベルの安全の実現」を目指すこととしている。


2月16日に開かれた意見交換会初会合(=写真)で、班目春樹・安全委員長は、「文書化すること自体が目的ではなく共通認識を得るプロセスを通じて国民理解を求めること」などと議論の意義を述べた。参加した有識者は、平野雅司・日本原子力研究開発機構安全研究センター長(座長)、本間俊充・同研究主席(座長代理)他、計12名。

安全委が基本原則検討開始 共通認識得る過程重視