フォントサイズ:

菅首相 原子力対策本部で発言 「光明 見えてきた」

2011年3月28日

菅首相(=写真中央)は21日の合同会議の冒頭挨拶で、福島第一原子力発電所の現況について、「本当に関係者の命がけの努力が、少しずつ状況を前進させている」との認識を示した。


すでに自衛隊、東京消防庁の勇敢な放水作業によって3000トンの水を同3号機を中心に昨日までに注水し、電源の回復も1号機・2号機を中心にかなり進んでおり、「まだ危機的状況を脱したというところまではいかないが、脱する光明が見えてきたということは申し上げられると思う」と語った。

菅首相 原子力対策本部で発言 「光明 見えてきた」