フォントサイズ:

避難所の井戸川町長 福島県双葉町民の不安訴え 原産協会が見舞い

2011年3月28日

東北関東大震災により19日、福島第一原子力発電所の5、6号機が立地する福島県双葉町の井戸川克隆町長をはじめ町民約1200人が、埼玉県さいたま市の「さいたまスーパーアリーナ」へ避難して来た。


同施設内の様子は、通路の両脇ぎっしりと避難して来た人たちが毛布などを敷いて座っていたり横になっている中、ボランティアの人達や安否確認の方らしき人などたくさんの人が行き来をしており、人がひしめいている状況となっている。施設外にはボランティアの受付、支援物資の受付に行列ができていた。